fc2ブログ

ネパール・インド料理 デウラリ食堂

ナマステ!! 港区三田にある、ヒマラヤの麓の小さな国からやってきた小さな食堂の情報をお届けします。 本日のおすすめメニューの紹介や、ネパール・インド料理や文化のお話などなど。 どうぞごゆっくり~

デウラリのランチのインドカレーを召し上がるお客様に時々質問されることがあります。

これってインドカレー?

インドカレー、インド料理を食べ慣れている通な方々にとっては、思い描くインドカレーと違うように感じられるようです。

その違いを、インド料理店、ネパール料理店、どちらもよく通われている方はけっこうお気づきのようです。
一見同じように見えるカレーのその違いは、両国のもともとの料理の違いからくるからです。

もともとインド料理はネパール料理よりも使うスパイスの種類が多いのです。

一方ネパール料理も同じようなスパイスを使いますが、インドに比べてその種類は圧倒的に少ない。

塩とあと一種類のスパイスだけで味付けをするスープもネパールではよく見られます。

もともとネパール料理はチベットからの影響もものすごく強く、モモという餃子をはじめ、一見中華料理のようなものがいくつもあるんです。

よって、インド料理に近いようなものでも、スパイスの配合がインドよりずっと少ないんですね。

そしてデウラリをはじめとして、ネパール人コックの作るネパール料理店で出されるインドカレー。

これは基本的にはインドカレーと同じ作り方をしています。
材料もベースはほとんど同じです。

ただ、そこに加えるスパイスの種類、油の量がインド料理店のインドカレーより少ないのです。

結果、日本人が誰でも食べやすいカレーになります。
とくに油の量は全然違うんですよ。

もちろん、インド料理のいいところはスパイスを多数使うことにより、辛さの他にもコクや深い味わいが出ます。
そして油が多いので、満足感も高いでしょう。
そちらのほうが好み、これぞインドカレー!と思われる方もたくさんいらっしゃいます。

ですから、そういう方がネパール料理店のカレーを召し上がると、若干物足りなさを感じられるようです。

インド料理店のに比べて「あっさり」、「さらさら」、「辛くない」ように感じられるからです。

しかし、その逆手をとってネパール料理店のカレーのよいところは、「お腹にもたれない」、「毎日食べても飽きない」、「辛いのが苦手でも食べられる」なんですね~。

デウラリでも、一度はまられたお客様、5日連続で来られた方、毎週必ず一度はいらっしゃる方、週3日くらい毎週のようにいらっしゃる方、などなど皆様飽きずに来てくださるんです。

インド料理店もネパール料理店もどちらもそれぞれ別のいいところがございます。

お好みに合わせてお使いになられるといいと思います。

ちなみに、店名にネパールと入っていれば(例 ネパール・インド料理 デウラリ食堂)、ほとんどの場合コックやオーナーがネパール人であり、ネパール風インドカレーを出している可能性が高いので、参考にしてください。


スポンサーサイト



更新さぼっててごめんなさい。

先日10月12日からネパール、国をあげての最大かつ、ヒンドゥー教徒を中心としたお祭り、ダサインが始まりました。

これは日本人で言うお正月みたいなもの。
新年を迎えるわけではなく規模的に同じくらいの意味合いということで、都会に出ている者たちは帰省して、家族と過ごしたりします。

政府や学校も10日ぐらい休みになります。

今年のメインの日は(ネパールの暦で、陰暦のようなビクラム暦に従うので、西暦とは毎年ずれる)21日の日曜日だったので、在日ネパリたちの間でもパーティーをやったのではないでしょうか。

そのメインの日は年長者から祝福のティカ(額に色とりどりの粉をつける)を受けて、ご馳走を食べます(生贄にささげたヤギを食べたりします。普段は経済事情で野菜しか食べられない人もダサインばかりは肉を食べられるのです)。
そうじをして、きれいな服を着てダサインを迎えるので、本当に日本のお正月感覚ですよね。

このダサインは28日に終了するのですが、約二週間後には兄弟姉妹のためのお祭りで、二番目に大きいティハールが控えています。
私は見たことがないのですが、このティハール、光の女神様のお祭りなので、家や街が光で装飾されてとてもきれいだそうです。
この時期に行きたいという旅行者もたくさんいるようです。

そんなわけで秋は祭りのシーズン。
さらに乾季に入り、晴れの日が続いて、絶好のヒマラヤが見えるシーズンに入ります。
この時期は飛行機のチケットをとるのも苦労しそうです。

いつか秋のネパール行ってみたいものですね。
20070911001501


ネパール料理ってほーんとに美味しい。
ネパールの家庭料理は毎日食べてもいいくらい大好きです。

今日はスタッフの一人が、ネパールの家庭料理「グンドゥルック コ ジョル(グンドゥルックのスープ)」をジャガイモを入れて作ってくれました。

グンドゥルックとはネパールの保存食、乾燥野菜のこと。
大根の葉っぱなんかで作ります。
村では自分の家で作るし、カトマンズではお店にも売っているとのこと。

これがとってもおいしいんです。
干しシイタケや、切干大根のような、乾物特有のうまみがあるんです。
日本でも乾物は昔からよく食べられている物だし、けっこう日本人の口にも合うんじゃないかなぁと思います。

これを乾燥唐辛子を油で炒めて、そこにクミンシード、ターメリック、塩を入れてグンドゥルック投入、軽く炒めた後に、ゆでておいてざっくりつぶしたジャガイモと、細かくしたトマトを少量入れて、さらに軽く炒めて、最後に水を入れて、少しだけ煮たらできあがり。

ご飯にかけたり、スープだけ飲んだり。

唐辛子、塩、グンドゥルックだけでも作れて、それはすぐに食べたいときに作る簡単スピードメニューだそうで、それもとてもおいしいらしいです。

とってもおいしいので、ご飯をつい食べ過ぎてしまいました。