fc2ブログ

ネパール・インド料理 デウラリ食堂

ナマステ!! 港区三田にある、ヒマラヤの麓の小さな国からやってきた小さな食堂の情報をお届けします。 本日のおすすめメニューの紹介や、ネパール・インド料理や文化のお話などなど。 どうぞごゆっくり~

今回ご紹介するのは、デウラリ食堂で今一番人気で、すごくおいしいと評判の
チーズナン」です。

20070112044423.jpg


まるでお菓子のような風貌で、中からとろ~りチーズが出てきます。
生地ももちもちふわふわお菓子のよう。
カレーなしで、これだけで食べても美味しいんですよ。

これがなんと破格の360円!!
こんな安いのは東京中のインドレストランやネパールレストランを探してもなかなかないと思いますよ。

仕込みからするため、時間が少しかかるので、残念ながらランチではお出しできないのですが、ディナータイムにぜひこちらを食べに来てくださいね。
スポンサーサイト



2006_12210008.jpg


さて、今日はデウラリ食堂の書籍コーナーの紹介です。

ゆくゆくはデウラリ食堂をネパールの情報発信地として、ネパール好きの人たちのために、様々な情報をできるだけリアルタイムに近い状態でお伝えできるようにしていけたらなぁなんて考えているのですが。

その一環として、お店の一角にネパール関連(インドも少し)の書籍コーナーを設けました。
古いのから新しいのまでけっこうありますが、まだもう少しあるので、少しずつ増やしていきたいと思っております。

今日は、とくにネパールが好きな方のためのおすすめ本を紹介したいと思います。

ネパールに生きる」 八木澤 高明 新泉社

2006_12210016.jpg
これは、ネパールの様々な社会問題を取り上げたノンフィクションです。
とくに、1996年から武装闘争を開始した(現在は和平協定が締結された)、ネパール共産党毛沢東主義派「マオイスト」に関する話が充実しています。
マオイストが台頭して以来、最近までずっと農村部では内戦状態で、非常に治安の悪い状態で、民間人も千人以上亡くなっているのに、日本ではめったにニュースに取り上げられることがないのです。
「マオイスト」について、もっと詳しく知りたかったところに、この本を見つけて、即購入しました。
その他にも、ネパールの暗い面を伝える話が詳しく載っています。
写真もけっこう充実しています。
すでにネパール好きで、もっとネパールを深く知りたい!という方におすすめです。

その他にもいろいろありますので、ネパールが好きな人もそうでない人も、ご飯が出てくるまでの間などに、読んでみてくださいね。

ご挨拶が遅くなりましたが、

あけましておめでとうございます。

昨年は、ご来店、ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。
それからブログのほうも御覧いただきまして、ありがとうございました。

今年は、もう少しブログの更新頻度を増やして、ネパールの文化なども紹介していきたいと思っておりますので、また遊びにきてくださいね。

今年から早速新メニューも登場しています。

またそのうち紹介させていただきますね。

では、今年もどうぞよろしくお願いいたします。